時短で働きたい看護師の転職

MENU

時短で働きたい看護師の転職

時短で働きたい看護師の転職

時短すなわちアルバイトやパートなどを含めた短時間労働を希望する看護師もいます。特に結婚や出産を機に、当分の間は少し短い時間での就労を行いたいという看護師によく見かけられます。

 

それまで働いていた病院や診療所などの医療機関では、時短で働く働き方が出来なかったりあるいは配偶者の転勤党が発生して、転職を余儀なくされた場合などにもよくあるものです。このとき、新しい環境ですぐにフルタイムの正社員としての働き方は厳しいが、収入の補填を考えたいなどの理由から、時短での就労を考える動きがよくあります。これは何も看護師だけの話ではなく一般的な話しでもよく見かけられます。

 

短時間での就労では、正社員としてのあるいは正規職員としての就労は難しいでしょう。しかしながら、こうした短い時間での就労がなかなか認められないケースがよくあったものです。一方で、医療の専門職としてのナースの需要は非常に大きくなっています。平成12年4月の介護保険法施行から、様々な事業所がナースの採用を行っています。

 

介護保険制度によりそれまで医療機関ぐらいしか働く場所の無かったナースが、より色々なところで働ける環境が出来上がってきました。特に施設では特別養護老人ホームいわゆる特養や、在宅サービスでは通所介護や訪問看護などで大きな需要があるため、働き場所に困ること自体は少なくなっています。

 

むしろ、地域によっては諸手を挙げて歓迎される有様です。こうした需要がある一方で、需要と供給のミスマッチも起きてしまっています。正規職員フルタイムで働いて欲しかったのが、応募する側はこれが出来なかったりするケースです。

 

短時間での就労を規模する受け皿がその地域には無かったりしたために、ブランクが出来てしまうケースも散見されています。こうした事態にならないように、たとえばデイサービスで短い時間での就労を希望していくといった働き方や、あるいは訪問看護ステーションなどで訪問看護を行うナースとして短時間勤務を希望するといった働き方も出来るはずです。

 

しかしながら、受け入れる側がその体制が出来ていなかったりします。これは非常にもったいない話しであり、むしろ受け入れる側の通所介護すなわちデイサービスや訪問看護ステーションなどで、体制や原因の体制の見直しで対応が可能な場合もあるでしょう。

 

こうしたミスマッチが起きないように気配りを行うことが非常に重要です。これは受け入れ側にしっかりとした知識が必要で、介護保険事業を行う上でのルールすなわち運営基準や人員基準をよく理解しておくことが求められます。

 

事実上、希望する側には事情が存在し、その事情の範囲内でしか働けない場合が多いです。それを無理にさせようとするとやはり難しくなってしまいます。応募者の希望に添う形での配置が欠かせません。

 

それにはまずは守らなければならない基準をよく理解していくことが必須というわけです。また、必ず常勤の配置が必要な場合を除けば、ある程度は応用が利くように制度設計がなされてもいます。

 

したがって、その応用の範囲内で対応を考えることも必要です。むしろこうした情報の理解をしっかりと行って、組織としてあるべき形をよく考えながら、就労を規模するナースの受け入れを図ることが、その後の安定した事業所運営に繋がっていきます。

 

仮に訪問看護ステーションの場合は、人員基準において常勤換算方法による2.5人以上の配置が必須ですが、このうち一人は必ず管理者として常勤で配置しなければいけません。その他の1.5人は別に非常勤職員のみでも対応が可能なようになっています。

 

こうした基準を理解しておけば、必ずしも常勤でしかも正社員として雇用をする必要はありません。ここに供給面でパートなどで働くナースの受け入れが見えてきます。こうしたルールを考えずに雇用を考えると難しくなってしまいます。

 

就労を希望するナース側もよく考えなければいけません。最初は短い時間での就労だとしても、後々フルタイムで働きたいと思えば、こうした対応が可能かどうかなども事前に聞いておくことで、後々の展望が見えやすくなります。

 

フルタイムで働く場合の社会保険や厚生年金への加入も重要です。こうした対応が可能であるなら、働いてみようかという思いを持つ人も出てきます。むしろ雇用する側が積極的にアピールするべきものではありますが、最初から短い時間だけの勤務としてしまうと、後々の知識を活かす場が無くなってしまいます。

 

しかも他に条件がいいところが現れれば、そちらに移ってしまう可能性も高まります。それでは非常にもったいない話しとなるため、できる限りお互いの希望についてある程度は、最初に話しをしておくことが大切です。

 

転職をしていく中で、色々な経験を積んだナースは、非常に貴重で重要な存在です。こうした人に働いてもらえるような環境整備も事業所側には求められています。

関連ページ

夜勤無しの看護師求人を見つけるには
家族構成や家族の職場の勤務形態や子供の学校の事情など、夜勤を続けるには難しい状況の方も多いようです。ここでは、夜勤をしなくても働ける看護師求人を探す際に押さえておきたいポイントなどをわかりやすく解説しています。
看護師求人における常勤の位置づけについて
ひとくちに看護師といっても、限定的な時間だけ働くパートタイムの方や夜勤有りのフルタイムで働く方など、その条件はさまざま。そんな中において、看護師求人を探す際に常勤はどんな位置づけになるのかを解説しています。
非常勤のメリットと看護師求人の探し方
家族の学校や勤務先などの事情によって、常勤で働くのが難しい方もいらっしゃるようですが、そんな中非常勤で働くという選択肢も大いにありえます。ここでは、非常勤で働く看護師としてのメリットや、求人の探し方などを解説しています。
高給で選ぶ看護師求人について
看護師でも、夜勤をバリバリこなしたりすると、配偶者にも負けないくらいの高給とりになることもありえます。ここでは、給料の条件が良い看護師求人を探す際に押さえておきたいポイントなどを解説しています。
新卒の看護師求人でのポイント
看護師の資格をとって始めて病院や診療所などに就職するときにはわからないことだらけですよね。そんなこれから看護師になる、新卒の看護師求人を探す際の押さえておきたいポイントについて解説しています。
病院以外にも看護師求人はある
看護師の仕事は病院や診療所で医師の補助業務をすること…ばかりに限られません。視野を広げて、いろいろな職場で看護師資格を活かして働く場合に押さえておきたい看護師求人のポイントについてわかりやすく解説しています。
産婦人科看護師の求人を探すには
看護師の仕事とひとくちにいっても内科、外科など、診療科目でその業務は全く違うことも珍しくありません。その中でもある意味特殊と言える産婦人科で働きたい方が看護師求人を探す際に押さえておきたいポイントについてわかりやすく解説しています。
実際にある看護師の内科の求人
看護師の仕事として、オーソドックスな診療科目には内科があります。この、標準的な看護師業務とも言える内科の実際の求人など、押さえておきたいポイントを解説しています。
外科での看護師求人について
外科といえば、手術が多く看護師としてもハードな印象がある診療科目。外科の看護師として働くために看護師求人を探したい方が押さえておきたいポイントについて解説しています。
土日休みの看護師求人を探してみる
家庭の状況などによって、診療科目だけでなく勤務条件を重視して職場を選びたいケースもありますよね。ここでは、土日休みの職場環境を重視して看護師求人を探したい方に押さえておきたいポイントについてわかりやすく解説しています。
手術室の仕事と看護師求人の条件
医療の現場でも、命の行方を左右する手術というのは非常に緊迫した状況です。そんなハードな職場とも言える手術室で働く看護師として働きたい方が看護師求人を探す際に押さえておきたいポイントについてわかりやすく解説しています。
託児所つき看護師求人の大きなメリット
子供が生まれて、保育所、幼稚園、または学校などが終わって世話をする人がいない…そんなとき、仕事が続けられなくて断念するケースも多くあるかと思います。ここでは、お母さん看護師に強い味方となる託児所つきの職場のメリットやそれを探したい方の看護師求人の押さえておくべきポイントをわかりやすく解説しています。
大学保健室の看護師求人を見つける3つのコツ
看護師の職場として、学校に常駐して生徒の健康をケアするという特殊な職種も意外と思いつかないかもしれません。ここでは、大学保健室の看護師として働きたい方が看護師求人を探す際に押さえておきたいポイントを解説しています。
ダブルワークの看護師求人には何がある?
2つの職場を時間をづらいして働くダブルワーク、家庭の事情ではそのようなハードに働く看護師さんもいるようです。そんなダブルワークが可能な看護師求人を探す際に押さえておきたいポイントについて解説しています。