手術室の仕事と看護師求人の条件

MENU

手術室の仕事と看護師求人の条件

手術室の仕事と看護師求人の条件

手術室へ転職を考えている場合は、待遇が病院によって違うことや患者さんと触れ合う機会が減るという点に注意しておきましょう。また、転職すればスキルアップすることができますが、他の病棟勤務の看護師と年収は大差ありません。

 

手術室の看護師求人は、看護師の資格があれば誰でも応募することができます。配属前に特別身につけておかなければなならいスキルというのもありません。ただし、病棟勤務とはまったく違う仕事内容になるので、一から覚えて知識として使えるようになる必要があります。

 

手術室での仕事内容

 

仕事内容は、医師に器具を渡す器械出しがまず1つ目です。プロ並みになると、医師が器械を要求するよりも早い段階で察知して器具を手渡す技術が求められます。初心者の場合はまずは器具の名前と機械の名前を一致させて覚えることが先決です。流れやタイミングで何が要求されるのかということを考えて仕事をする必要があります。

 

そして2つ目は外回りです。手術前に患者さんに説明をしに行く業務です。短い時間でコミュニケーションを行い、安心させるのも仕事のひとつです。手術中は患者さんの全身の状態、モニターの数値、などをチェックして滞りなく手術が行われるように手配します。

 

事前の勉強では基本的な看護業務ができることと、あとは手術の器具や機械、術式などを勉強しておきましょう。外科の世界は進歩が早く、どんどん器具や術式が変わっていくので常に知識を最新バージョンにアップデートしておく必要があります。それについていけない看護師は手術式で仕事をするのは難しい可能性があります。

 

また、医師によって手術のクセがあり、道具の呼び方も異なることがあります。教科書の知識しか身につけていないと、クセのある医師の器械出しのときに戸惑う可能性があります。なので、医師のクセも把握してパートナーとして仕事ができないといけません

 

のんびりやっていられない仕事なので、テキパキ動ける人が適任です。また、少しでもミスがあると患者さんの命に危険が及ぶので、医師に怒られることも多いです。怒られるとすぐに落ち込んでしまうという気持ちが弱い人は、業務に支障が出るので注意しましょう。

 

手術のことばかりだと看護スキルが落ちてしまうと言われることもありますが、体について学ぶことが多いので急激にスキルが落ちてしまうことはありません。むしろ人体について詳しく知ることで今まで以上によい看護の方法を思いつける場合もあります。

 

手術室での看護師として転職するメリット

 

転職する最大のメリットは、スキルアップの可能性があるということです。普通の看護師では実地で解剖学を学ぶことはほとんどありませんが、手術では実地で解剖学を学ぶことができます。手術の内容や流れなどを確認することもできるので、看護師として新しい知識を身につけることができます。

 

外科と手術の知識を蓄えることで、病棟勤務に戻ってからも患者さんに対して正確に説明することができるというメリットもあります。「レベルの高い、手術のことも聞ける看護師さん」というイメージで見てもらえるようになります。

 

手術中は緊張しますが、それだけに患者さんを手術で救えたということが大きなやりがいに繋がることも多いです。医療ドラマを見て憧れてこの世界に入る人もいます。責任重大な仕事ではありますが、やり遂げた時の達成感は非常に大きいです。

 

手術室の看護師というと夜勤は当たり前で、ほとんど休めないというイメージがあります。しかし、病院によっては夜勤なしというところもあります。緊急手術は扱わずに、予約を入れた患者さんの手術を平日に行うという病院であれば、土日が休めて夜勤もなしという条件で働くことができます。

 

緊急手術がある病院だと医師だけではなく看護師も必要になるので当直があったり、夜勤があります。また、いつでも呼び出せるようにオンコール用の携帯電話を渡されることもあります。

 

病院によって待機の仕方は異なるので、プライベートな時間を侵害されないかどうかを確認しておいたほうがいいでしょう。常にオンコール対応となると、連絡がいつ入るかということが気になって不眠になってしまうこともあります。気分転換もうまくできなくなり、仕事が辛くなっていく可能性もあるので注意しましょう。

 

やりがいのある職場ですが、常に勉強し続ける気力は重要です。どんどん新しいことを覚えてどんな時でも冷静に対処することが求められるので神経がすり減ります。時には少人数制で人間関係で悩むこともありますし、ストレスも多いです。

 

厳しい仕事ではありますが、やり遂げた時に大きな達成感を味わいたい、患者さんが元気になっていけるようにサポートしたい、という人はチャレンジしてみるといいでしょう。

 

病棟勤務に比べると患者さんのお世話をする時間が減り、接する時間は短くなりますが、患者さんに間接的に関わって日々元気になっていくのを見守りたいという人であれば、気持ち良く働けるでしょう。

 

関連ページ

夜勤無しの看護師求人を見つけるには
家族構成や家族の職場の勤務形態や子供の学校の事情など、夜勤を続けるには難しい状況の方も多いようです。ここでは、夜勤をしなくても働ける看護師求人を探す際に押さえておきたいポイントなどをわかりやすく解説しています。
看護師求人における常勤の位置づけについて
ひとくちに看護師といっても、限定的な時間だけ働くパートタイムの方や夜勤有りのフルタイムで働く方など、その条件はさまざま。そんな中において、看護師求人を探す際に常勤はどんな位置づけになるのかを解説しています。
非常勤のメリットと看護師求人の探し方
家族の学校や勤務先などの事情によって、常勤で働くのが難しい方もいらっしゃるようですが、そんな中非常勤で働くという選択肢も大いにありえます。ここでは、非常勤で働く看護師としてのメリットや、求人の探し方などを解説しています。
高給で選ぶ看護師求人について
看護師でも、夜勤をバリバリこなしたりすると、配偶者にも負けないくらいの高給とりになることもありえます。ここでは、給料の条件が良い看護師求人を探す際に押さえておきたいポイントなどを解説しています。
新卒の看護師求人でのポイント
看護師の資格をとって始めて病院や診療所などに就職するときにはわからないことだらけですよね。そんなこれから看護師になる、新卒の看護師求人を探す際の押さえておきたいポイントについて解説しています。
病院以外にも看護師求人はある
看護師の仕事は病院や診療所で医師の補助業務をすること…ばかりに限られません。視野を広げて、いろいろな職場で看護師資格を活かして働く場合に押さえておきたい看護師求人のポイントについてわかりやすく解説しています。
産婦人科看護師の求人を探すには
看護師の仕事とひとくちにいっても内科、外科など、診療科目でその業務は全く違うことも珍しくありません。その中でもある意味特殊と言える産婦人科で働きたい方が看護師求人を探す際に押さえておきたいポイントについてわかりやすく解説しています。
実際にある看護師の内科の求人
看護師の仕事として、オーソドックスな診療科目には内科があります。この、標準的な看護師業務とも言える内科の実際の求人など、押さえておきたいポイントを解説しています。
外科での看護師求人について
外科といえば、手術が多く看護師としてもハードな印象がある診療科目。外科の看護師として働くために看護師求人を探したい方が押さえておきたいポイントについて解説しています。
土日休みの看護師求人を探してみる
家庭の状況などによって、診療科目だけでなく勤務条件を重視して職場を選びたいケースもありますよね。ここでは、土日休みの職場環境を重視して看護師求人を探したい方に押さえておきたいポイントについてわかりやすく解説しています。
時短で働きたい看護師の転職
看護師の業務は夜勤などがあったり長時間働く場合もあり、その業務内容によっては非常にハードなため、人によっては耐え難いこともありますよね。ここでは、時短を重視して看護師求人を探したい方のために押さえておきたいポイントを解説しています。
託児所つき看護師求人の大きなメリット
子供が生まれて、保育所、幼稚園、または学校などが終わって世話をする人がいない…そんなとき、仕事が続けられなくて断念するケースも多くあるかと思います。ここでは、お母さん看護師に強い味方となる託児所つきの職場のメリットやそれを探したい方の看護師求人の押さえておくべきポイントをわかりやすく解説しています。
大学保健室の看護師求人を見つける3つのコツ
看護師の職場として、学校に常駐して生徒の健康をケアするという特殊な職種も意外と思いつかないかもしれません。ここでは、大学保健室の看護師として働きたい方が看護師求人を探す際に押さえておきたいポイントを解説しています。
ダブルワークの看護師求人には何がある?
2つの職場を時間をづらいして働くダブルワーク、家庭の事情ではそのようなハードに働く看護師さんもいるようです。そんなダブルワークが可能な看護師求人を探す際に押さえておきたいポイントについて解説しています。