産婦人科看護師の求人を探すには

MENU

産婦人科看護師の求人を探すには

産婦人科看護師の求人を探すには

生命の誕生の瞬間に立ち会える」ということで、産婦人科の看護師になりたいという場合には、現実と理想とのギャップを生じさせないように、求人情報をしっかりチェックしておきましょう。

 

産婦人科で働くからといって、特別な資格やスキルは必要ありません。助産師以外でも働いている人はいます。産婦人科は女性特有の病気の治療だけではなく、出産に立ち会えるというのが他の診療科との大きな違いです。

 

産婦人科と助産師という資格

 

そのために資格が必須というわけではありませんが、持っていた方がプラスになることは確かです。資格があれば採用率がアップしますし、助産師だと他の部署へ異動になることもありません。

 

助産師の資格を取得するには、看護師資格を持っていて、さらに助産師養成所または大学などで1?2年の専門教育を受けたのち、国家試験に合格することが必要です。資格取得のハードルはかなり高いです。

 

すでに働き始めているという場合には、あえて資格取得はせずにそのまま看護師として働くというのもありです。看護学生であれば、助産師の資格まで取れる学校に通ってから求人に応募するという方法もあります。

 

産婦人科での看護師業務のメリットと注意点

 

仕事で求められる能力ですが、精神的な強さが求められます。出産という感動のシーンに立ち会えることは確かですが、ときには流産や死産などでショックを受けた方のケアをしたりと、辛い仕事もあります。新人だと同じ女性としてショックを受けてしまい、仕事が手につかなくなってしまうというケースもあります。

 

長く働きたいのであれば、精神的な強さが必要です。どんな場合でも柔軟に対処できて、なおかつ妊婦さんをケアできる能力が求められます。具体的な仕事は、生活指導のアドバイスや患者さんとのコミュニケーションです。

 

ここに来る患者さんは精神的なストレスを抱えやすいので、対応には十分注意する必要があります。医師から説明を受けたけれどもよくわからないという人や、不安を感じているという人に対して、積極的にサポートしていくことも大切です。

 

主治医の代わりにわかりやすい説明をするというのも、仕事ではよく求められます。医師が専門用語で説明してしまうときには、代わりに素人でもわかりやすく優しく説明してあげることも仕事になります。

 

転職するメリットは、生命の誕生の瞬間に立ち会える、新生児のお世話ができる、といった魅力です。他の診療科は病気やケガの治療のために受診する人がほとんどですが、無事に出産を終えれば幸せいっぱいのシーンに立ち会うことができます。純粋に赤ちゃんが好きというだけでは務まらない仕事ですが、無事出産を終えて退院していく家族を見てやりがいを感じるという人は多いです。

 

他にも、仕事の中で妊娠や出産のことを勉強できるというメリットがあります。女性であれば、これから自分が妊娠・出産をする立場になる可能性もあります。ここで仕事をしておけば、仕事で身につけた知識と経験が役立ちます。また、出産経験がある人ならばその経験を看護に生かすこともできます。

 

新生児のお世話をすることも、いざ自分が子供を産んで育てる段階になると経験が役立つことが多いです。不妊治療も行いますが、これも学んでおくことで最適なタイミングで治療を受けられて自分の妊娠に役立てられる場合もあります。

 

仕事する上では、感情移入しすぎないことも大切です。コミュニケーションは大切ですが、あまりにも深く関わりすぎてしまうと、精神的に辛くなってしまうこともあります。精神的に辛くなるとこの診療科で働き続ける妨げになってしまうので気をつけましょう。

 

大切なのは、ほどよい距離感を持って接することです。必要なサポートはするけれども、肩入れしすぎて負担にならない程度がベストです。

 

産婦人科の看護師の求人を探すときの注意点

 

仕事を探すときの注意点ですが、助産師以外は雑務しかさせてもらえないという病院もあるので、よく調べてから職場を決めるようにしましょう。また、助産師が上という人間関係の図式が成り立っている職場は、人間関係がギスギスしていることが多いので、雰囲気を調べてからにしたほうがいいです。

 

仕事をしながら転職先を探すならば、専門の求人サイトを利用するといいでしょう。登録しておくと一般には公開されていない非公開案件を教えてもらえる場合もあります。自力でよい条件の職場を探すのは大変ですが、サイトに登録して仕事探しを手伝ってもらえば、時間を効率良く使うことができます。

 

仕事を探してきてくれるだけではなく、さらに面接や見学の日程調整もしてくれます。また、自分では言いづらい給与の交渉なども代わってやってくれます。サイトに登録するときには、それぞれのサイトに特徴があるので情報が偏らないように2〜3社に登録しておくといいです。それ以上多いと情報が多すぎて収拾がつかなくなってしまうことがあるので、多くても3社程度で情報収集してみるといいでしょう。登録料は無料なので、お金をかけずに仕事を探すことができます。

関連ページ

夜勤無しの看護師求人を見つけるには
家族構成や家族の職場の勤務形態や子供の学校の事情など、夜勤を続けるには難しい状況の方も多いようです。ここでは、夜勤をしなくても働ける看護師求人を探す際に押さえておきたいポイントなどをわかりやすく解説しています。
看護師求人における常勤の位置づけについて
ひとくちに看護師といっても、限定的な時間だけ働くパートタイムの方や夜勤有りのフルタイムで働く方など、その条件はさまざま。そんな中において、看護師求人を探す際に常勤はどんな位置づけになるのかを解説しています。
非常勤のメリットと看護師求人の探し方
家族の学校や勤務先などの事情によって、常勤で働くのが難しい方もいらっしゃるようですが、そんな中非常勤で働くという選択肢も大いにありえます。ここでは、非常勤で働く看護師としてのメリットや、求人の探し方などを解説しています。
高給で選ぶ看護師求人について
看護師でも、夜勤をバリバリこなしたりすると、配偶者にも負けないくらいの高給とりになることもありえます。ここでは、給料の条件が良い看護師求人を探す際に押さえておきたいポイントなどを解説しています。
新卒の看護師求人でのポイント
看護師の資格をとって始めて病院や診療所などに就職するときにはわからないことだらけですよね。そんなこれから看護師になる、新卒の看護師求人を探す際の押さえておきたいポイントについて解説しています。
病院以外にも看護師求人はある
看護師の仕事は病院や診療所で医師の補助業務をすること…ばかりに限られません。視野を広げて、いろいろな職場で看護師資格を活かして働く場合に押さえておきたい看護師求人のポイントについてわかりやすく解説しています。
実際にある看護師の内科の求人
看護師の仕事として、オーソドックスな診療科目には内科があります。この、標準的な看護師業務とも言える内科の実際の求人など、押さえておきたいポイントを解説しています。
外科での看護師求人について
外科といえば、手術が多く看護師としてもハードな印象がある診療科目。外科の看護師として働くために看護師求人を探したい方が押さえておきたいポイントについて解説しています。
土日休みの看護師求人を探してみる
家庭の状況などによって、診療科目だけでなく勤務条件を重視して職場を選びたいケースもありますよね。ここでは、土日休みの職場環境を重視して看護師求人を探したい方に押さえておきたいポイントについてわかりやすく解説しています。
手術室の仕事と看護師求人の条件
医療の現場でも、命の行方を左右する手術というのは非常に緊迫した状況です。そんなハードな職場とも言える手術室で働く看護師として働きたい方が看護師求人を探す際に押さえておきたいポイントについてわかりやすく解説しています。
時短で働きたい看護師の転職
看護師の業務は夜勤などがあったり長時間働く場合もあり、その業務内容によっては非常にハードなため、人によっては耐え難いこともありますよね。ここでは、時短を重視して看護師求人を探したい方のために押さえておきたいポイントを解説しています。
託児所つき看護師求人の大きなメリット
子供が生まれて、保育所、幼稚園、または学校などが終わって世話をする人がいない…そんなとき、仕事が続けられなくて断念するケースも多くあるかと思います。ここでは、お母さん看護師に強い味方となる託児所つきの職場のメリットやそれを探したい方の看護師求人の押さえておくべきポイントをわかりやすく解説しています。
大学保健室の看護師求人を見つける3つのコツ
看護師の職場として、学校に常駐して生徒の健康をケアするという特殊な職種も意外と思いつかないかもしれません。ここでは、大学保健室の看護師として働きたい方が看護師求人を探す際に押さえておきたいポイントを解説しています。
ダブルワークの看護師求人には何がある?
2つの職場を時間をづらいして働くダブルワーク、家庭の事情ではそのようなハードに働く看護師さんもいるようです。そんなダブルワークが可能な看護師求人を探す際に押さえておきたいポイントについて解説しています。