新卒の看護師求人でのポイント

MENU

新卒の看護師求人でのポイント

新卒の看護師求人でのポイント

無事に看護師資格を取得できれば、一安心をしますがそこで終わりではありません。資格を取得する目的は、今後医療現場で学んだことをもとに活躍していきたいというところにありますので、資格さえ取得できればそれで終わりということではないのです。

 

看護師として活躍をしていくためには、どこの看護師求人に応募するのかを決めなくてはなりません。

 

働く環境としては、新しくてきれいな病院がいいと思うかもしれませんが、これからの看護師人生のことを考えて働く場所を考えるようにしたほうがいいでしょう。これからどんどん力をつけて活躍の場を広げたいのであれば、病院の綺麗さだけで選んでいるようでは今後のためにならないからです。

 

新卒で看護師として就職する

 

新卒で働くとなると、学ぶことはたくさんあります。看護師資格を取得したとはいっても、学んでいく事は今までよりもこれからのほうが多いですので、いつでも学ぶ姿勢を忘れてはいけません。

 

これからも長く看護師を続けていきたいのであれば、どんな新人教育があるのかを比較して応募するようにしていく事です。例えば、新人教育のために数年間をかけているような病院もあります。

 

数年をかけていろんな部署にローテーションで配属をされ、それぞれの部署で学んでいくという方法をとっていれば、あらゆる分野を学んでいくことが出来ますので、自分に向いている部署や不向きの部署もわかってくることでしょう。

 

不向きな部署で働き続けたとしても、いい仕事をしていく事はできませんので、病院側で判断をされるようになり、向いている部署に配属をしてもらうことが出来るのです。そういった風にあらゆる部署に配属をするということは、看護師本人にとってもいいと言うだけではなく、病院側にとってもメリットのある方法になりますので、効率よく仕事をしていくことが出来るのです。

 

あらゆる部署で学ばせてもらっておけば、今後転職をする際にも有利になってきます。一つの部署でしか学んだ経験のない人であれば、転職をする際にはその手の分野ではかなりの経験があるということになり、同じ分野であれば重宝される存在になるはずです。

 

しかしそういった分野でしか経験がないとなると、他の分野の事に関しては新人と同じという勘次になりますので、経験者として見てもらいにくくなります。本人としても、まったく経験がない分野で働くのには不安を感じるものですので、転職先を探す際には、自分が経験したことがある分野に進もうとしてしまいがちです。

 

そうなると、選べる看護師求人が少なくなりますので、転職先の幅が狭まってしまう形になるのです。新卒で就職をしたからには、その病院で働き続けたいと思うものですが、人生の中では自分の希望通りにいかないようなこともあります。

 

女性が結婚をする場合には、結婚を機に職場を変えなければならない場合もあります。地元に残るのであれば常勤が無理でもパートに変えて働くこともできますが、地元を離れることになる場合には働き続けることが出来ません。

 

地元を離れることになった時に、もう一度看護師として働きたいのであれば、様々な経験を積んできている看護師のほうが有利に転職活動をすることが出来るでしょう。いろんな部署で学んできたことは、自分にとってもいい財産になりますので、転職先を見つけやすくなります。

 

新卒で働き始めた時には、いろんなことを指導してもらいやすくなります。まだ経験がないということであれば、丁寧に教えてもらうこともできますし、わからないことは聞いて教えてもらうこともできるでしょう。

 

わからないことをそのままにしているようでは、時間がたつほど聞きにくくなってしまいます。わからないことや学びたいことは積極的に教えてもらうようにすることによって、自分の中に吸収しやすくなりますので、すぐにでも聞きたいことは聞いておくようにしましょう。

 

看護師求人の中には、少人数で運営をしているようなアットホームな病院もあります。そういったアットホームな環境で患者さんとの距離が近いような現場であれば、自分が望んでいるような看護が出来るかもしれません。

 

しかし少人数となると、研修期間がしっかりともうけられていなかったり、聞きたいことがあってもいつもバタバタしていて聞ける雰囲気ではないこともあります。人数ぎりぎりで働く場合には、研修期間があるという病院だったとしても、満足に学んでいくことが出来ない場合もあるでしょう。

 

ほとんど学べない状態では研修期間が設けてあっても学んでいくことが出来ませんので、どのような研修スタイルになっているかを確認しておきましょう。研修期間が設けてあるということであれば、プログラムを内容案内してもらうようにし、今後のためになるプログタムを選ぶことです。

 

納得がいくプログラムであれば、そのまま不安を解消しながら働くことが出来るようになりますので、プログラム内容が選ぶときに見逃してはならない部分です。

関連ページ

夜勤無しの看護師求人を見つけるには
家族構成や家族の職場の勤務形態や子供の学校の事情など、夜勤を続けるには難しい状況の方も多いようです。ここでは、夜勤をしなくても働ける看護師求人を探す際に押さえておきたいポイントなどをわかりやすく解説しています。
看護師求人における常勤の位置づけについて
ひとくちに看護師といっても、限定的な時間だけ働くパートタイムの方や夜勤有りのフルタイムで働く方など、その条件はさまざま。そんな中において、看護師求人を探す際に常勤はどんな位置づけになるのかを解説しています。
非常勤のメリットと看護師求人の探し方
家族の学校や勤務先などの事情によって、常勤で働くのが難しい方もいらっしゃるようですが、そんな中非常勤で働くという選択肢も大いにありえます。ここでは、非常勤で働く看護師としてのメリットや、求人の探し方などを解説しています。
高給で選ぶ看護師求人について
看護師でも、夜勤をバリバリこなしたりすると、配偶者にも負けないくらいの高給とりになることもありえます。ここでは、給料の条件が良い看護師求人を探す際に押さえておきたいポイントなどを解説しています。
病院以外にも看護師求人はある
看護師の仕事は病院や診療所で医師の補助業務をすること…ばかりに限られません。視野を広げて、いろいろな職場で看護師資格を活かして働く場合に押さえておきたい看護師求人のポイントについてわかりやすく解説しています。
産婦人科看護師の求人を探すには
看護師の仕事とひとくちにいっても内科、外科など、診療科目でその業務は全く違うことも珍しくありません。その中でもある意味特殊と言える産婦人科で働きたい方が看護師求人を探す際に押さえておきたいポイントについてわかりやすく解説しています。
実際にある看護師の内科の求人
看護師の仕事として、オーソドックスな診療科目には内科があります。この、標準的な看護師業務とも言える内科の実際の求人など、押さえておきたいポイントを解説しています。
外科での看護師求人について
外科といえば、手術が多く看護師としてもハードな印象がある診療科目。外科の看護師として働くために看護師求人を探したい方が押さえておきたいポイントについて解説しています。
土日休みの看護師求人を探してみる
家庭の状況などによって、診療科目だけでなく勤務条件を重視して職場を選びたいケースもありますよね。ここでは、土日休みの職場環境を重視して看護師求人を探したい方に押さえておきたいポイントについてわかりやすく解説しています。
手術室の仕事と看護師求人の条件
医療の現場でも、命の行方を左右する手術というのは非常に緊迫した状況です。そんなハードな職場とも言える手術室で働く看護師として働きたい方が看護師求人を探す際に押さえておきたいポイントについてわかりやすく解説しています。
時短で働きたい看護師の転職
看護師の業務は夜勤などがあったり長時間働く場合もあり、その業務内容によっては非常にハードなため、人によっては耐え難いこともありますよね。ここでは、時短を重視して看護師求人を探したい方のために押さえておきたいポイントを解説しています。
託児所つき看護師求人の大きなメリット
子供が生まれて、保育所、幼稚園、または学校などが終わって世話をする人がいない…そんなとき、仕事が続けられなくて断念するケースも多くあるかと思います。ここでは、お母さん看護師に強い味方となる託児所つきの職場のメリットやそれを探したい方の看護師求人の押さえておくべきポイントをわかりやすく解説しています。
大学保健室の看護師求人を見つける3つのコツ
看護師の職場として、学校に常駐して生徒の健康をケアするという特殊な職種も意外と思いつかないかもしれません。ここでは、大学保健室の看護師として働きたい方が看護師求人を探す際に押さえておきたいポイントを解説しています。
ダブルワークの看護師求人には何がある?
2つの職場を時間をづらいして働くダブルワーク、家庭の事情ではそのようなハードに働く看護師さんもいるようです。そんなダブルワークが可能な看護師求人を探す際に押さえておきたいポイントについて解説しています。