病院以外にも看護師求人はある

MENU

病院以外にも看護師求人はある

病院以外にも看護師求人はある

病院で看護師をしていると、病気やケガが回復して退院していく姿を見られるなど、やりがいを感じられることが多いです。

 

その一方で、夜勤やハードワーク続きで人間関係もうまくいかず、心身ともにボロボロになってしまうこともあります。いろいろな患者さんがいるからこそ成り立つ仕事ですが、毎日命と向き合っている看護師は非常に大変な仕事です。

 

これが続くと、人によっては「病院以外の職場で働きたい」という希望を持つようになります。病院で働き続けることは大変でも、他のところならばまだ続けられるというケースもあります。

 

病院以外の看護師求人

 

どんなところに看護師求人があるのかというと、介護施設、保育施設、メーカー系、さらには刑務所にまで仕事があります。また、病気やケガの患者さんと向き合うのが辛いから病院の仕事は辞めたいという場合には、美容外科クリニックだと患者さんではなくお客さんとして接するので、辛さが減ります。

 

その他、企業の医務室や健康管理室からの求人もあります。医療機器メーカーや製薬メーカー(CRC)はかなり旗色が違う仕事なので、他に資格を取得する必要が出てくることもありますが、その他では仕事をしながら資格取得をしていくこともしやすいです。

 

病院以外の看護師求人で思いつきやすいのが、介護施設の看護師です。看護師の資格をそのまま生かして介護業務をすることができるのがメリットです。病院での看護は高齢者の看護が中心なので、看護と介護の垣根はほとんどありません。その経験がそのまま介護施設でも生きてくるというわけです。

 

また、看護師資格を持っている介護員ということで、万が一何かあった時に役立ってくれるという理由で重宝されることもあります。

 

看護も介護も、人のお世話をするという点では変わりません。外来はまた少し違いますが、病棟勤務をした経験が長ければ、介護のスキルもだいぶ身についているでしょうから、そのまま仕事に生かせることが多いでしょう。介護施設でも、元看護師の人はとても喜ばれると言われています。

 

他には、幼稚園・保育園・託児所といった保育施設での仕事があります。子供の体調が悪くなった時にすぐに面倒を見ることができるということで、重宝されやすいです。実際に子供をお世話するには保育士や幼稚園教諭の資格が必要になることが多いですが、子供の急な発熱や病気、ケガなどのときに緊急要員として呼ばれるケースもあるようです。

 

託児所勤務などでは、パートなど非正規社員でも看護師資格があるということで正社員なみの高待遇を受けられることもあるようです。

 

看護師と保育士の資格を両方とって、新たに子供と向き合うしごとを選んでいくこともできます。最近では待機児童問題が深刻になっているため、保育施設は重宝されています。病気になると普通の保育施設には行けないので、病児保育施設というところに行かせる必要が出てきます。

 

ここには看護師と医師が常駐していることが必要なので、病児保育施設からの求人もあります。病児保育施設は需要が多いのに対して供給が不足しているので、就職すれば待機児童問題の解消に貢献することができそうです。

 

また、最近では訪問看護の需要も高まっています。病院に行きたくてもいけない高齢者の方に、こちらが直接自宅まで出向いて看護をする仕事です。介護施設の仕事と違うのは、一人一人の自宅に訪問してお世話するので、距離が近く責任と負担が大きくなることです。

 

ただ、そのぶんだけやりがいを感じられる仕事です。訪問看護士になるためには、看護スキルとコミュニケーション能力が必須です。てきぱき動けるフットワークの軽さが求められることが多いです。

 

美容系のクリニックも、病気やケガで苦しむ患者さんを見ているのが辛くなった看護師にとっては、新たな就職口になります。普通の看護の仕事とは違いますが、美容に興味がある人だと、楽しく働けるケースが多いです。また、脱毛機器を試したりプチ整形を受けるなど、美容クリニックならではの特典もついてきます。

 

ただし、美容系のクリニックは自分自身を磨き続ける必要があります。今まで美容を気にしてこなかったという人だと、最初は苦労する可能性があります。また、個人経営のところが多く、クリニックによって経営方針がまったく違うので、転職する前には求人票だけではなく職場の雰囲気も良く確認しておく必要があります。

 

良い職場であれば、日中の勤務が中心で夜勤がなく、自分自身を磨ける上に高収入なところが多いので、メリットが多いです。

 

介護施設や保育施設、企業の医務室やメーカー系、美容クリニックなど、看護師のスキルを生かして働ける職場はたくさんあります。病院での仕事ができないからといって、看護師を辞めなければいけないわけではありません。

 

今までとは仕事の内容が変わってくるでしょうが、それも新しいチャレンジとして受け止めて転職を決めるなら、実りある活躍ができるでしょう。

関連ページ

夜勤無しの看護師求人を見つけるには
家族構成や家族の職場の勤務形態や子供の学校の事情など、夜勤を続けるには難しい状況の方も多いようです。ここでは、夜勤をしなくても働ける看護師求人を探す際に押さえておきたいポイントなどをわかりやすく解説しています。
看護師求人における常勤の位置づけについて
ひとくちに看護師といっても、限定的な時間だけ働くパートタイムの方や夜勤有りのフルタイムで働く方など、その条件はさまざま。そんな中において、看護師求人を探す際に常勤はどんな位置づけになるのかを解説しています。
非常勤のメリットと看護師求人の探し方
家族の学校や勤務先などの事情によって、常勤で働くのが難しい方もいらっしゃるようですが、そんな中非常勤で働くという選択肢も大いにありえます。ここでは、非常勤で働く看護師としてのメリットや、求人の探し方などを解説しています。
高給で選ぶ看護師求人について
看護師でも、夜勤をバリバリこなしたりすると、配偶者にも負けないくらいの高給とりになることもありえます。ここでは、給料の条件が良い看護師求人を探す際に押さえておきたいポイントなどを解説しています。
新卒の看護師求人でのポイント
看護師の資格をとって始めて病院や診療所などに就職するときにはわからないことだらけですよね。そんなこれから看護師になる、新卒の看護師求人を探す際の押さえておきたいポイントについて解説しています。
産婦人科看護師の求人を探すには
看護師の仕事とひとくちにいっても内科、外科など、診療科目でその業務は全く違うことも珍しくありません。その中でもある意味特殊と言える産婦人科で働きたい方が看護師求人を探す際に押さえておきたいポイントについてわかりやすく解説しています。
実際にある看護師の内科の求人
看護師の仕事として、オーソドックスな診療科目には内科があります。この、標準的な看護師業務とも言える内科の実際の求人など、押さえておきたいポイントを解説しています。
外科での看護師求人について
外科といえば、手術が多く看護師としてもハードな印象がある診療科目。外科の看護師として働くために看護師求人を探したい方が押さえておきたいポイントについて解説しています。
土日休みの看護師求人を探してみる
家庭の状況などによって、診療科目だけでなく勤務条件を重視して職場を選びたいケースもありますよね。ここでは、土日休みの職場環境を重視して看護師求人を探したい方に押さえておきたいポイントについてわかりやすく解説しています。
手術室の仕事と看護師求人の条件
医療の現場でも、命の行方を左右する手術というのは非常に緊迫した状況です。そんなハードな職場とも言える手術室で働く看護師として働きたい方が看護師求人を探す際に押さえておきたいポイントについてわかりやすく解説しています。
時短で働きたい看護師の転職
看護師の業務は夜勤などがあったり長時間働く場合もあり、その業務内容によっては非常にハードなため、人によっては耐え難いこともありますよね。ここでは、時短を重視して看護師求人を探したい方のために押さえておきたいポイントを解説しています。
託児所つき看護師求人の大きなメリット
子供が生まれて、保育所、幼稚園、または学校などが終わって世話をする人がいない…そんなとき、仕事が続けられなくて断念するケースも多くあるかと思います。ここでは、お母さん看護師に強い味方となる託児所つきの職場のメリットやそれを探したい方の看護師求人の押さえておくべきポイントをわかりやすく解説しています。
大学保健室の看護師求人を見つける3つのコツ
看護師の職場として、学校に常駐して生徒の健康をケアするという特殊な職種も意外と思いつかないかもしれません。ここでは、大学保健室の看護師として働きたい方が看護師求人を探す際に押さえておきたいポイントを解説しています。
ダブルワークの看護師求人には何がある?
2つの職場を時間をづらいして働くダブルワーク、家庭の事情ではそのようなハードに働く看護師さんもいるようです。そんなダブルワークが可能な看護師求人を探す際に押さえておきたいポイントについて解説しています。