看護師求人における常勤の位置づけについて

MENU

看護師求人における常勤の位置づけについて

看護師求人における常勤の位置づけについて

一般的な傾向として何らかの仕事を行う場合に正規雇用されるということは良いことであるというイメージがあります。このことは安定した生活保障が得られるということもあり、どのような分野であっても共通認識であると言えます。

 

看護師の世界でも正規雇用されている常勤職員でなければ必ずしも安定した収入を得ることが出来ませんので正規雇用に対する魅力は変わりません。しかし看護師の中には敢えて非常勤での勤務形態を好んで選択している人もいるのです。看護師求人もその様な看護師の考えをよく把握したうえで様々な求人が出されているという状況にあります。

 

看護師を取り巻く環境と常勤という立場

 

看護師を取り巻く雇用状況には他の職場にはない特殊な状況があります。まず前提として言えるのが全国的に慢性的な人材不足であり、仕事を希望した場合に就職先を探すのに困る可能性はそれほど高くないのです。そのため正規雇用でなければ生活が安定しないという状況が必ずしも当てはまらないのが看護師の実情です。

 

そのため看護師は正規雇用で働くことのメリットとデメリット、非正規雇用で働くことのメリットとデメリットを天秤にかけて選択することになります。一般的には正規雇用の方が絶対に良いというイメージが定着していますが、看護師の場合にはやや特殊な状況がありますのでしっかりと仕組みを理解して選択することが大切になります。

 

正規雇用を選択する人の中にはやはり安定した雇用契約を希望する人が多いです。健康保険などを始めとする社会保障も完備されますし、長年勤めれば退職金の支給もあります。そのため一般的な職業と同じように大きなメリットがあるのです。

 

しかしながら看護師の仕事の多くは激務ですし、入院病棟のある病院であれば24時間交代制で仕事が続きます。人材不足になりやすい環境の中では正規雇用の職員がその穴埋めの役割を果たさなくてはならない場合が多いのです。その様な点は大きなデメリットであると言えます。そしてそのような状況に陥っている医療機関は少なくない数が存在しているのが現実です。

 

常勤と非常勤のメリット・デメリット

 

一方非正規雇用にもメリットはあります。いわゆるパートタイマーの様に安い時給で働くケースはあまり一般的ではありません。看護師のような医療専門職の場合には時給であってもかなり高い金額で働いている人も少なくありません。

 

そのため非常勤のデメリットである安い賃金の影響はデメリットである者のそれほど大きなものではなく、代わりにある程度自由に自分の時間を確保しやすいというメリットを強調させることが出来る場合もあるのです。特に紹介派遣の様に単発の仕事でスケジュールを埋めるタイプの仕事をする看護師の場合には、自分の休みを希望するスケジュールで組みやすいという特徴があります。この点は過重労働や高いストレスに曝されやすい看護師にとっては大きなメリットである場合もあります。

 

特に紹介会社などを仲介にして人手不足の医療機関に単発で紹介されるような仕事を行う場合には一般的な相場よりも高い賃金で仕事をすることが出来ます。自分自身の技術に自信がある場合などには特にメリットのある選択肢となります。

 

ニーズが高いのは夜勤業務や技術の必要な仕事である場合が少なくありませんので、その様な業務に従事することで場合によっては正規雇用の看護師よりも収入を高くすることが出来る場合もあるほどです。

 

しかしながらその雇用は安定的なものではありませんのでニーズに応じて変動をする仕組みになっています。昇給もありませんし、ボーナスや社会保険などのも仕組みの恩恵を受けることもできませんので、自分自身でしっかりと考えていかなければなりません。その様な点は面倒な仕組みであると言えますので注意が必要です。

 

看護師で非常勤で働くという考え方

 

非正規雇用で働くことを希望する人には大きく分けて二種類の考え方があります。一つは正規雇用の職員としての業務についていくことが出来ない家庭の事情等がある場合と、敢えて非正規の勤務体系の方を好んで選択する場合です。この様な仕組みを活用することで自分らしい生活が出来ると考えて選択する人が多いのです。

 

この様な状況もあり、看護師にとっては正規雇用だけが最良の雇用体系であるとは限りません。女性が大半を占める職種ということもあり、様々なライフイベントに合わせて働き方を変えることが必要になる場合も少なくありません。そのため正規雇用の位置づけは働き方の一つの形であると言えます。

 

どのような働き方にもメリットとデメリットの両方がありますので、その時々の状況に合わせて最良の選択をするように考えていくと良いでしょう。

 

幸いなことに看護師は全国的に慢性的な人材不足が続いていますので、状況にもよりますが、希望する雇用形態で働きやすい社会的な構造が整っていると考えられます。その様な仕組みであるということを前提として自分らしく生活していくことが出来る働き方を見つけていくことがお勧め出来ます。

関連ページ

夜勤無しの看護師求人を見つけるには
家族構成や家族の職場の勤務形態や子供の学校の事情など、夜勤を続けるには難しい状況の方も多いようです。ここでは、夜勤をしなくても働ける看護師求人を探す際に押さえておきたいポイントなどをわかりやすく解説しています。
非常勤のメリットと看護師求人の探し方
家族の学校や勤務先などの事情によって、常勤で働くのが難しい方もいらっしゃるようですが、そんな中非常勤で働くという選択肢も大いにありえます。ここでは、非常勤で働く看護師としてのメリットや、求人の探し方などを解説しています。
高給で選ぶ看護師求人について
看護師でも、夜勤をバリバリこなしたりすると、配偶者にも負けないくらいの高給とりになることもありえます。ここでは、給料の条件が良い看護師求人を探す際に押さえておきたいポイントなどを解説しています。
新卒の看護師求人でのポイント
看護師の資格をとって始めて病院や診療所などに就職するときにはわからないことだらけですよね。そんなこれから看護師になる、新卒の看護師求人を探す際の押さえておきたいポイントについて解説しています。
病院以外にも看護師求人はある
看護師の仕事は病院や診療所で医師の補助業務をすること…ばかりに限られません。視野を広げて、いろいろな職場で看護師資格を活かして働く場合に押さえておきたい看護師求人のポイントについてわかりやすく解説しています。
産婦人科看護師の求人を探すには
看護師の仕事とひとくちにいっても内科、外科など、診療科目でその業務は全く違うことも珍しくありません。その中でもある意味特殊と言える産婦人科で働きたい方が看護師求人を探す際に押さえておきたいポイントについてわかりやすく解説しています。
実際にある看護師の内科の求人
看護師の仕事として、オーソドックスな診療科目には内科があります。この、標準的な看護師業務とも言える内科の実際の求人など、押さえておきたいポイントを解説しています。
外科での看護師求人について
外科といえば、手術が多く看護師としてもハードな印象がある診療科目。外科の看護師として働くために看護師求人を探したい方が押さえておきたいポイントについて解説しています。
土日休みの看護師求人を探してみる
家庭の状況などによって、診療科目だけでなく勤務条件を重視して職場を選びたいケースもありますよね。ここでは、土日休みの職場環境を重視して看護師求人を探したい方に押さえておきたいポイントについてわかりやすく解説しています。
手術室の仕事と看護師求人の条件
医療の現場でも、命の行方を左右する手術というのは非常に緊迫した状況です。そんなハードな職場とも言える手術室で働く看護師として働きたい方が看護師求人を探す際に押さえておきたいポイントについてわかりやすく解説しています。
時短で働きたい看護師の転職
看護師の業務は夜勤などがあったり長時間働く場合もあり、その業務内容によっては非常にハードなため、人によっては耐え難いこともありますよね。ここでは、時短を重視して看護師求人を探したい方のために押さえておきたいポイントを解説しています。
託児所つき看護師求人の大きなメリット
子供が生まれて、保育所、幼稚園、または学校などが終わって世話をする人がいない…そんなとき、仕事が続けられなくて断念するケースも多くあるかと思います。ここでは、お母さん看護師に強い味方となる託児所つきの職場のメリットやそれを探したい方の看護師求人の押さえておくべきポイントをわかりやすく解説しています。
大学保健室の看護師求人を見つける3つのコツ
看護師の職場として、学校に常駐して生徒の健康をケアするという特殊な職種も意外と思いつかないかもしれません。ここでは、大学保健室の看護師として働きたい方が看護師求人を探す際に押さえておきたいポイントを解説しています。
ダブルワークの看護師求人には何がある?
2つの職場を時間をづらいして働くダブルワーク、家庭の事情ではそのようなハードに働く看護師さんもいるようです。そんなダブルワークが可能な看護師求人を探す際に押さえておきたいポイントについて解説しています。