ダブルワークの看護師求人には何がある?

MENU

ダブルワークの看護師求人には何がある?

ダブルワークの看護師求人には何がある?

看護師として働く際に、ダブルワークを考えるのは時給や税金、マイナンバーとの関わりについて考慮しておく必要があります。ダブルワークは本業に加えて、副業を掛け持ちで行うことです。「今より多くの収入が欲しい」ということで仕事を探し始める人が多い様です。

 

看護師は他の職業に比べて年収が高いと言われていますが、将来に向けて貯金したいという理由や、子供の養育費、一人暮らしの費用などでもっと収入を増やしたいという場合も出てきます。

 

看護師は夜勤もあり仕事がハードなので、副業を考えるならばあまり無理のない仕事を選ぶことが続ける秘訣です。例えば、本業が看護師であればコールセンターの仕事などであれば座り仕事が中心なので続けやすい可能性が高いです。

 

もちろん、本業と近い看護業務を行うという選択肢もあります。看護師求人では常勤以外にパートや短期・単発のアルバイト、など雇用形態が多いので、他の職業に比べると副業を見つけやすいです。

 

収入アップだけではなく、本業では身につけることができないスキルを副業で身につけることができるのもメリットです。看護師資格を活かすことができる副業先には、介護施設、訪問看護、夜勤専属、などの仕事があります。

 

副業というと常に本業と掛け持ちしているイメージがありますが、1日だけの単発の仕事でも可能です。例えば、休日を利用して1日だけ単発のアルバイトをしたり、夜の空き時間を利用して夜勤専属で働くという方法があります。短時間勤務でパートとして働くということもできます。

 

単発の仕事には、健康診断、ツアーナースやイベント会場、訪問看護や入浴サービス、1日だけの夜勤などがあります。時給も高めで平均1,500円?や、夜勤であれば1日3万円など一気に高収入を期待できる仕事もあります。

 

例として、コールセンター業務が時給1,500円?、老人ホームなどへの派遣業務が時給2,200円?2,500円、単発のデイサービス業務が時給1,900円?2,100円、夜勤アルバイトが1回25,000円?、といった感じです。

 

ただし、高収入の仕事は人気がありますし、単発だと常に仕事が見つかるわけではないので常に仕事を探す必要があるというデメリットがあります。

 

夜勤は看護師の副業の定番で、日払いや週払いに対応してくれることもあるので急な出費が必要な時にも魅力的です。体力に自信があって、もっと働けるという人であれば向いています。即日勤務可やブランク可、交通費支給など条件が良いところも結構多いです。

 

ただし、夜勤を副業として選ぶ場合には体力的にきつくなる可能性が高いです。本業でも夜勤があり、さらに休むべき日に夜勤を入れて働くとなると、身体への負担は相当大きくなります。なので、まだ働けると思っても体調管理には注意が必要です。

 

また、職場によっては日勤でしばらく働かないと夜勤業務は任せてもらえないなど、条件付きのこともあります。看護師求人ではどんな条件がついているのかよく確認しておくようにしましょう。

 

副業として勤務する場合には、たまに通うというスタイルになるので患者さんのことがよく分からないというケースも多いです。これでさらに人間関係が良くないと周りに聞くことができなくなるので、そうならないように人間関係が良いかどうかチェックしておきましょう。

 

副業先は単発だと常になれない仕事を任せられるので、臨機応変に立ち回れる力量が求められます。その都度業務内容が変わる場合には、どんなスキルが求められるのに注意しておきましょう。

 

ダブルワークをする時の注意点ですが、まずは就業規則を確認しましょう。本業の職場の就業規則で副業不可になっている場合は、ルールですから副業はできません。破ってしまうと本業を失うことになりかねないので注意しましょう。

 

また、副業先が非常勤を募集している場合でも、副業の人は受け入れていないことがあります。国立病院勤務の場合は国家公務員として働いているため、副業が法律で禁じられています。

 

他に気をつけておきたいのが税金とマイナンバー制度です。副業禁止になっているにもかかわらずやってしまうと、マイナンバー制度によってバレてしまう可能性があります、副業の収入を給与所得として確定申告しないといけない金額になると、そのぶんの住民税が本業の職場に連絡されて、副業がバレてしまう可能性があります。

 

副業からの収入を普通徴収として処理すれば本業の病院へ報告されることはないので、内緒で続けられる可能性はありますが、後ろめたい気持ちで続けるのは大変でしょう。

 

副業が禁止されていない場合は、本業と掛け持ちするのは悪いことではありません。もっと収入を増やしたいという考えは普通のことですし、スキルアップにもつながる可能性があるからです。

 

ただし、副業が忙しすぎて本業に身が入らなくなってしまっては本末転倒なので、そこには注意しておきましょう。

関連ページ

夜勤無しの看護師求人を見つけるには
家族構成や家族の職場の勤務形態や子供の学校の事情など、夜勤を続けるには難しい状況の方も多いようです。ここでは、夜勤をしなくても働ける看護師求人を探す際に押さえておきたいポイントなどをわかりやすく解説しています。
看護師求人における常勤の位置づけについて
ひとくちに看護師といっても、限定的な時間だけ働くパートタイムの方や夜勤有りのフルタイムで働く方など、その条件はさまざま。そんな中において、看護師求人を探す際に常勤はどんな位置づけになるのかを解説しています。
非常勤のメリットと看護師求人の探し方
家族の学校や勤務先などの事情によって、常勤で働くのが難しい方もいらっしゃるようですが、そんな中非常勤で働くという選択肢も大いにありえます。ここでは、非常勤で働く看護師としてのメリットや、求人の探し方などを解説しています。
高給で選ぶ看護師求人について
看護師でも、夜勤をバリバリこなしたりすると、配偶者にも負けないくらいの高給とりになることもありえます。ここでは、給料の条件が良い看護師求人を探す際に押さえておきたいポイントなどを解説しています。
新卒の看護師求人でのポイント
看護師の資格をとって始めて病院や診療所などに就職するときにはわからないことだらけですよね。そんなこれから看護師になる、新卒の看護師求人を探す際の押さえておきたいポイントについて解説しています。
病院以外にも看護師求人はある
看護師の仕事は病院や診療所で医師の補助業務をすること…ばかりに限られません。視野を広げて、いろいろな職場で看護師資格を活かして働く場合に押さえておきたい看護師求人のポイントについてわかりやすく解説しています。
産婦人科看護師の求人を探すには
看護師の仕事とひとくちにいっても内科、外科など、診療科目でその業務は全く違うことも珍しくありません。その中でもある意味特殊と言える産婦人科で働きたい方が看護師求人を探す際に押さえておきたいポイントについてわかりやすく解説しています。
実際にある看護師の内科の求人
看護師の仕事として、オーソドックスな診療科目には内科があります。この、標準的な看護師業務とも言える内科の実際の求人など、押さえておきたいポイントを解説しています。
外科での看護師求人について
外科といえば、手術が多く看護師としてもハードな印象がある診療科目。外科の看護師として働くために看護師求人を探したい方が押さえておきたいポイントについて解説しています。
土日休みの看護師求人を探してみる
家庭の状況などによって、診療科目だけでなく勤務条件を重視して職場を選びたいケースもありますよね。ここでは、土日休みの職場環境を重視して看護師求人を探したい方に押さえておきたいポイントについてわかりやすく解説しています。
手術室の仕事と看護師求人の条件
医療の現場でも、命の行方を左右する手術というのは非常に緊迫した状況です。そんなハードな職場とも言える手術室で働く看護師として働きたい方が看護師求人を探す際に押さえておきたいポイントについてわかりやすく解説しています。
時短で働きたい看護師の転職
看護師の業務は夜勤などがあったり長時間働く場合もあり、その業務内容によっては非常にハードなため、人によっては耐え難いこともありますよね。ここでは、時短を重視して看護師求人を探したい方のために押さえておきたいポイントを解説しています。
託児所つき看護師求人の大きなメリット
子供が生まれて、保育所、幼稚園、または学校などが終わって世話をする人がいない…そんなとき、仕事が続けられなくて断念するケースも多くあるかと思います。ここでは、お母さん看護師に強い味方となる託児所つきの職場のメリットやそれを探したい方の看護師求人の押さえておくべきポイントをわかりやすく解説しています。
大学保健室の看護師求人を見つける3つのコツ
看護師の職場として、学校に常駐して生徒の健康をケアするという特殊な職種も意外と思いつかないかもしれません。ここでは、大学保健室の看護師として働きたい方が看護師求人を探す際に押さえておきたいポイントを解説しています。