夜勤無しの看護師求人を見つけるには

MENU

夜勤無しの看護師求人を見つけるには

夜勤無しの看護師求人を見つけるには

看護師の転職理由で多いのが、夜勤の大変さです。入院患者をみるためには、夜勤は必須です。しかし看護師も人間ですから、身体に相当の負担がかかり、精神的にも辛さを感じるケースは多いです。

また、プライベートな時間が持てないため、仕事を辞めたくなってしまう原因になることが多いです。

 

夜勤無しの看護師求人なんてないと思うかもしれませんが、入院病棟がない病院や、夜間の緊急病棟がない病院であれば夜勤をせずに働ける可能性が高いです。夜勤のない施設の仕事には、クリニックや診療所、訪問看護やデイサービス、検診センター、保育園や保育園や学校の保健室、企業内医務室、での仕事などがあります。

 

夜勤の無い看護師の職場

 

まずクリニックや診療所は、入院病棟のないところであれば夜勤をせずに働くことができます。個人クリニックのようなところは入院施設を持っているところと持っていないところに分かれているので、後者を選べばいいでしょう。

 

訪問看護は介護士と一緒に仕事をするため、病院よりも業務の負担が軽減される可能性が高いです。デイサービスはステイプランがありますが、看護師が夜勤をしなくてもいい場合もあります。

 

検診センターは基本的に日中の時間帯だけの仕事なので、夜勤無しのところが多いです。また、外来のように定期的に患者さんが来るわけではないので、コミュニケーション能力もそれほど求められません。

 

幼稚園や保育園、学校内の保健室も、子どもがいる昼間の時間帯が勤務時間になります。子どもが好きではないと続けにくい仕事ですが、子ども好きならば最適な職場です。

 

企業内医務室は、昼間働いている社員への対応のみになります。外来のような慌ただしさもなく、余裕をもって働ける場所です。

 

看護師の夜勤と給料の関係

 

収入についてですが、夜勤がないと収入が低くなる可能性は高いです。看護師の給与は一般企業の社員に比べて200万円以上も高いと言われていますが、これは夜勤があるからです。夜勤は辛いですが、このおかげで高給与をもらっているという事実は否めません。

 

一般企業だと9時?18時の日勤がほとんどですが、看護師は夜勤をすると夜勤手当がつくので、給与が高額になります。夜勤は辛いけれども、収入が多いから辞められないという看護師がいるのも、また事実です。

 

しかし、職場を選べば日勤だけでも給与が良いところはあります。クリニックや介護施設、学校などでの業務は、勤め先の経営基盤がしっかりしていれば比較的高給与を望める可能性があります。もちろん、夜勤ありの仕事に比べれば給与は減ってしまいますが、夜勤で心身ともに疲弊してしまうよりは、日勤だけ仕事をして心身を万全な状態に保ちながら働くほうが効率は良い可能性があります。

 

大切なのはトータルバランスで考えることです。心身ともに健康で仕事を辞めたいと思わずに続けられる職場かどうかというのがポイントになります。

 

正社員だと福利厚生が手厚い、給与やキャリアアップなどのメリットがあるため、アルバイトやパート、契約社員などよりも整った雇用条件で働けるというメリットがあります。夜勤無しだと非正規雇用しか見つからないと思うかもしれませんが、正社員で雇用してくれる病院もあります。

 

多くの病院が診療報酬をもとにして運営していて、その診療報酬をアップさせるために正看護師の比率を重視し始めています。なので、夜勤に入らなくてもいいから正職員として雇用して診療報酬をたくさんもらいたいという考えがあるので、夜勤をせずとも正社員として働きながらそのメリットを得られる可能性があります。

 

また、夜勤をしなくても福利厚生を受けられるというメリットがあります。夜勤手当はつきませんが、正職員として働くことができれば、ボーナスがもらえたり、派遣社員として働くよりも手厚い福利厚生を受けて快適に働らくことができます。

 

夜勤の無い看護師求人を探す

 

看護師求人では、夜勤がないことを前提にして、そのほかのこともチェックしておきましょう。例えば、残業はあるのか残業代はつくのか、給与はいくらか、仕事内容はどんなものか、夜勤がある部署に異動を命じられる可能性はあるか、などです。

 

たとえ夜勤がなくても、残業がないとは言い切れません。残業が多いとせっかくの夜勤がないというメリットも薄れてしまいます。サービス残業で手当ては出ないというケースも少なくないので、求人票でしっかりチェックしておきましょう。はっきり書いていない場合には、事前に問い合わせで聞くか、面接の時に相談してみましょう。

 

給与は、夜勤がないからといって妥協しないようにしましょう。日勤の仕事だけになってお金が足りなくなるということになっては、本末転倒です。これまでの生活水準をキープしながら働くには、最低でも必要な給与額は把握しておく必要があります。

 

また、他部署への異動は注意しましょう。病院だと1?3年で他部署への異動が生じることがあります。途中で経営方針が変わって入院病棟が設けられるという可能性もあるので、事前に情報を集めておきましょう。

関連ページ

看護師求人における常勤の位置づけについて
ひとくちに看護師といっても、限定的な時間だけ働くパートタイムの方や夜勤有りのフルタイムで働く方など、その条件はさまざま。そんな中において、看護師求人を探す際に常勤はどんな位置づけになるのかを解説しています。
非常勤のメリットと看護師求人の探し方
家族の学校や勤務先などの事情によって、常勤で働くのが難しい方もいらっしゃるようですが、そんな中非常勤で働くという選択肢も大いにありえます。ここでは、非常勤で働く看護師としてのメリットや、求人の探し方などを解説しています。
高給で選ぶ看護師求人について
看護師でも、夜勤をバリバリこなしたりすると、配偶者にも負けないくらいの高給とりになることもありえます。ここでは、給料の条件が良い看護師求人を探す際に押さえておきたいポイントなどを解説しています。
新卒の看護師求人でのポイント
看護師の資格をとって始めて病院や診療所などに就職するときにはわからないことだらけですよね。そんなこれから看護師になる、新卒の看護師求人を探す際の押さえておきたいポイントについて解説しています。
病院以外にも看護師求人はある
看護師の仕事は病院や診療所で医師の補助業務をすること…ばかりに限られません。視野を広げて、いろいろな職場で看護師資格を活かして働く場合に押さえておきたい看護師求人のポイントについてわかりやすく解説しています。
産婦人科看護師の求人を探すには
看護師の仕事とひとくちにいっても内科、外科など、診療科目でその業務は全く違うことも珍しくありません。その中でもある意味特殊と言える産婦人科で働きたい方が看護師求人を探す際に押さえておきたいポイントについてわかりやすく解説しています。
実際にある看護師の内科の求人
看護師の仕事として、オーソドックスな診療科目には内科があります。この、標準的な看護師業務とも言える内科の実際の求人など、押さえておきたいポイントを解説しています。
外科での看護師求人について
外科といえば、手術が多く看護師としてもハードな印象がある診療科目。外科の看護師として働くために看護師求人を探したい方が押さえておきたいポイントについて解説しています。
土日休みの看護師求人を探してみる
家庭の状況などによって、診療科目だけでなく勤務条件を重視して職場を選びたいケースもありますよね。ここでは、土日休みの職場環境を重視して看護師求人を探したい方に押さえておきたいポイントについてわかりやすく解説しています。
手術室の仕事と看護師求人の条件
医療の現場でも、命の行方を左右する手術というのは非常に緊迫した状況です。そんなハードな職場とも言える手術室で働く看護師として働きたい方が看護師求人を探す際に押さえておきたいポイントについてわかりやすく解説しています。
時短で働きたい看護師の転職
看護師の業務は夜勤などがあったり長時間働く場合もあり、その業務内容によっては非常にハードなため、人によっては耐え難いこともありますよね。ここでは、時短を重視して看護師求人を探したい方のために押さえておきたいポイントを解説しています。
託児所つき看護師求人の大きなメリット
子供が生まれて、保育所、幼稚園、または学校などが終わって世話をする人がいない…そんなとき、仕事が続けられなくて断念するケースも多くあるかと思います。ここでは、お母さん看護師に強い味方となる託児所つきの職場のメリットやそれを探したい方の看護師求人の押さえておくべきポイントをわかりやすく解説しています。
大学保健室の看護師求人を見つける3つのコツ
看護師の職場として、学校に常駐して生徒の健康をケアするという特殊な職種も意外と思いつかないかもしれません。ここでは、大学保健室の看護師として働きたい方が看護師求人を探す際に押さえておきたいポイントを解説しています。
ダブルワークの看護師求人には何がある?
2つの職場を時間をづらいして働くダブルワーク、家庭の事情ではそのようなハードに働く看護師さんもいるようです。そんなダブルワークが可能な看護師求人を探す際に押さえておきたいポイントについて解説しています。